イベント情報

「疎水のある風景」写真コンテスト2018について

 田んぼや畑などの農地に水を届けるため、農業用水路が作られています。
 農業用水路は「疏水(そすい)」と呼ばれ、食料生産のみならず、生態系保全・防火用水・雨雪の排水路・小水力発電など生活の様々な場面で活用されており、その総延長は約40万キロメートル。地球10周分という途方もない長さです。

 日本全国を網の目のように流れる疏水は、農地を潤す一方で、人々の生活に融け込み、日本人の原風景とも言うべき見事な景観を創りだしています。

 疏水が織りなす四季折々の景観や生活の様子など、身近で大切な「疏水のある風景」を奮ってご応募ください。

応募締め切り
 2019年1月11日(金)当日消印有効
 ※期日に余裕をもってお送りください。

詳細については、全国水土里ネットのホームページをご確認ください。

全国水土里ネットホームページ
http://www.inakajin.or.jp/